<< アパート経営 | main | マンション、不動産の売買を検討中のあなたへ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

マンション経営で節税ができます


最近はマンション経営が注目されています。

マンション経営とはいえ、経営そのものが目的ではなく、

投資目的や、節税対策であったするようです。

マンション経営の節税対策とは具体的にどのようなことでしょうか?


それには税金の仕組みを理解することが必要ですね。

アパートなどの家賃収入というのは不動産所得といって、

株式の収益などとは税金面で異なっています。


ここがポイントなのです。


不動産所得は累進課税によって課税されます。

税金の仕組みを理解することで節税対策になるということなのです。

実際には、マンション経営とか、マンションオーナーとはいっても

経営しているとは感じられないかもしれません。

実際にはマンションを建てた建設会社などが、

管理業務も請け負っているのでオーナーのすることはほとんどないようです。


ですが、マンションなどの経営では

単純に家賃収入を総合課税で申告すればいいという

利点だけではないのです。



マンションを実際に管理していくためには、

電気・ガス・水道などの経費がかかります。


これは必要経費として認められる場合が多いので、

家賃が入ってもその全額が課税対象とはならないことになります。

また、新築であれば、建物の減価償却費も発生しますので

計算上では赤字になって、無税というケースもありえます。


規模が大きいマンションなどでは

その損失を3年に渡って繰り越すことができますので、

税金面ではかなり有利でしょう。

あなたが、資金をある程度持っているのであれば

マンション経営も考えてみてはどうでしょうか。

at 08:21, アルカド, マンション経営と節税

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 08:21, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。