<< 驚異の不動産投資法 サラリーマン大家さんになって月収300万円 NO.5 | main | 驚異の不動産投資法  パワー不動産投資マニュアル NO.2 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

驚異の不動産投資法  パワー不動産投資マニュアル NO.1


驚異の不動産投資法 アパート経営 マンション経営につて、

今日紹介する情報マニュアルのタイトルは、こちらです。↓



 パワー不動産投資マニュアル




著者 井上洋介 



著者のメッセージです。



節税のためにビルを買うといったら、みんなは笑いました。

ところが私の投資法を聞いたとたん!


ケイマン諸島もびっくり!


この方法を知れば、

日本もタックスヘイブンです!


毎年540万円を自動的に節税できる節税投資法とは‥‥‥


特に、あなたが‥‥‥


粗利で1000万円を超える会社の代表取締役か、

年収が1000万円を超える高額納税者であり、

十分な現金を持っているか、事業ローンを自力で引けるか、

既に不動産を持っているのであれば、

効果は抜群です。


手段として不動産投資を使いますので、

もし、あなたが不動産についてまったく知識がないのであれば

レポートを読んでみてください。



無料レポート「はじめての不動産投資」


こちらのホームページから、

ダウンロードしてください。↓↓↓

             こちらをクリック




成功者だからこそ、あなたには、こんな悩みはありませんか?


起業家 「やった! 今年は粗利で1000万円だっ!!」


税理士「おめでとうございます。では、納税資金として、

     400万円取っておいてくださいね」



起業家
「え! 400万円? ・・・ ぜ、税金が?

     そんなに持っていかれたら、何もできませんよ」




そうです。日本にいる以上、設けた人には え!


というくらいの税金がかけられるシステムの中で、

あなたは暮らしているのです。

これをしょうがないと諦めてしまうのか・・・


いや、私はあきらめませんでした。


はじめまして、井上洋介と申します。


はじめまして。不動産投資を使って事業を飛躍的に延ばす会の井上洋介です。



実は私も冒頭に紹介したような体験をしました。

私の場合は、税理士さんに、このままだと800万の税金が かかることになると

事前に教えてもらいショックを受けながらも なんとか税金を適正なレベルまでに

抑えられないだろうか。

いわゆる節税をできないだろうかと様々な方法を検討し、ある有効な節税法に

辿り着きました。


このマニュアルでは、その節税の仕方をご紹介したいと思います。

「なぜ、そんなにおいしい節税法を教えてくれるのか?」と あなたは、

いぶかしがっているかもしれません。


まずは、その疑問にお答えします。

私が、このマニュアルを上げた理由は、とても単純な動機からです。


税金という旧式で効率が悪い再配分システムを使うよりも、

いま儲けいている

あなたこそが、お金をもっと上手く活かすことができると思うからです。


既存事業でも、新規事業でも、寄付でも。


お金のセンスがいいあなたが、

自分のセンスでお金を使うからこそ、

お金の循環を良くして、

より多くの人にモノやサービスやお金を行き渡らす事ができると思うのです。

そう思うからこそ、

私が実行し絶大な効果があった節税法をあなたにお伝えしたいのです。


バブル期に流行った不動産投資で損を出し節税する方法とは全く違います。

あなたには信じられますか?

不動産投資で利益を出しながら、

そこからの収益にかかる税金はもちろん、

あなたの事業にかかる税金までも軽減させる投資法があるだなんて!

パワー不動産投資とは

■抜群のキャッシュフロー

■驚愕の節税効果という本来なら相容れない2つを同時に実現させる不動産投資法です。

私は7050万の●●●物件を購入したことにより、

銀行返済後も月24万の安定収入を受取りながら、

今期827万円もの税の軽減を実現させました。

その上、今後3年間にわたり毎年540万円もの税金が安くなり続けます。
 
わたしが、いったい何をしたかって? 

 ・  ・  ・ 詳しくはマニュアルで。


パワー不動産投資マニュアル


 

at 15:22, アルカド, パワー不動産投資マニュアル

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 15:22, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。